• 横城民俗市場
  • 横城民俗市場

住所 : 江原道横城郡横城邑の市街地一帯

豊かな田舍の暖かい人情と郷愁が感じられる民族市場。

横城民族市場は横城邑市場で開かれる在来市場で、記録によれば東大門の外で開かれる市場の中で一番といわれるほど全国的に知られた民俗市場である。

1919年 3月1日の横城の市の日に江原道では初めて3.1万歳運動を行い、日帝の侵略期には日本商人らが商圏を形成しようと試みたが、横城商人と郡民らが団結して不売運動を行って、日本商人が商圏を形成することができなかった所として有名である。

横城の市の日は、末尾に1と6のつく日に開かれる。全国各地の商人が寄り集って様々な品物を陳列して売り、一部区間は身土不二の市場として指定され、横城館内の農民が直接生産した無公害農産物と山菜などを買うことができる。大都市の大型マーケットのようにきれいで便利ではないが、何より農村の豊かな人情とかつての思い出を振り返ることのできる貴重な体験の場であり、同時に芳しい田舎の温もりが心のゆとりを与えてくれる大きな見ものといえる。在来市場及び駐車場の整備によりさらに便利に市場を見て回ることができ、ポン菓子の香り漂う郷愁にそそられる民俗市場である。

市の日案内
横城市場の紹介
市の日 : 1日、6日
位置 : 横城郡横城邑邑上里227-3の一帯
面積 : 1,022㎡
屯内市場の紹介
市の日 : 5日、10日
位置 : 江原道横城郡屯内面屯内路51番キル 17
面積 : 4,746㎡
取引品目 : 高冷地野菜、林産物、生活必需品、食料品、水産物
横城の牛市場
規模 : 江原道のみでなく全国的にも規模が大きく取引も活発に行われており、肥肉牛のみを取り扱っている。
位置 : 江原道横城郡横城邑牛市場キル 27
面積 : 11,583㎡(3,504坪)
開場時間 : 05:00~15:00(4月~10月)
毎日市場の開場 : 1日平均取引規模10頭
開場時間 : 1日、6日開場