横城韓牛

最適の飼育空間!

横城郡の地域別標高分布 : 海抜 100~580m
大きな日較差と蟾江発源地のきれいな水、そして清浄な環境は、韓牛飼育の最適地

東には雉岳山(1,288m)、南には白雲山(1,087m)を中心に、北西では南漢江と蟾江が囲むように流れる盆地型地形として、典型的な内陸気候の特徴であり、朝鮮半島の中心部で年平均気温11℃、年平均最高気温32℃、年平均最低気温-12℃で気温の差が大きく、夜と昼の日較差が明確である。

韓牛の故郷、横城はここが違う!
昼と夜の日較差が明確で、横城韓牛の固有の味を生成標高差が均等に分布。海抜 100m~1,200m牧草及び山野草が豊富で、稲わらの購入が容易。空気及び水質汚染の全くない清浄環境で、横城韓牛のみの専用飼料で飼育されています。

横城韓牛の品質科学は止まらない!
横城韓牛は韓国で最初に牛肉の生産履歴追跡システムを取り入れ、韓牛の出生から飼育、屠畜、加工、販売、そして食卓に至るまで、横城韓牛の全ての情報を顧客が直接確認できます。